Speak

ジャガーEタイプS1(FHC)。。これが全ての始まり(爆)

投稿日:

ここでも、何度もSPEAKしているボクのクラシックカーコレクション愛車第一号をご紹介する。

1960年代のル.マン24時間において圧倒的な強さをみせたDタイプをベースに、当初は先代車両XK150と同じ3.8ℓで発売されたが
1964年4.2リッターへと拡大されたモデルだっ。

とても、エレガンスでクラシカルな
でも、、、時代を確実に先取りした洗練された流れるような
流線的なフォルムを持つ。。まさに一般大衆に向け放たれたスポーツカーだと思う。←高度成長期において、このクルマは、当初から一般家庭をターゲットに当時は作られたのだ。しかし、、実情、このようなクルマを持つのは二台目を持てる家庭のみ。
故に。。後に。。2×2(ツーbyツー)、つまり4人乗りも製作。販売されている。よって、デザインテイストは崩れて行く結果になるのだが(汗)
シリーズ1からシリーズ3まで生産、販売は続いたのだが。。。
ボクにとっては故に。。。絶対的に!何が何でも!どうしてもっ!第一号コンセプト車。

JAGUR  E TYPE Sr1 4.2(ジャガーEタイプ
シリーズ1 JAGUR XKE)(FHC)なのだっ!
だから何で??

 

今から17年前、ボクはこのクルマをアメリカにおいて、一から仕上げたのだっ。自らの手で、レストア発注を掛けたっ。

完成までには長く苦しくも、、、楽しい出来事が一杯あったのだっ。

これを語り出すと、かなり熱く長くなるので。

詳しくは又いつか。。。(爆)←なんじゃっそれっびっくり

 

とにかく。。ボクはまだ本当に幼少の頃。

このクルマを一度だけ。。。街で見かけたのだ。←(これが理由だっ)(爆)

それからが。。全ての始まりだった。

ボクの愛してやまないクラシックカー熱!

 

いやっ、ボクにとっては。。手に入れる時期がになっただけで。。。(爆)←17年前!

ジャガーEタイプは。。あくまで、未来を見据えた

時代を超越した魅力あるデザイン、性能を兼ね備えた

今!のクルマなのだっ!

 

 

このクルマとの出会いがボクの人生の全てを変えた。←ちょっと大袈裟か?(爆)

そして、このクルマは。。トヨタ2000GTにも、コスモスポーツにも少なからず影響を与えた。

 

誰が何と言おうと

あの頃の、あの時代のボクたちの先輩諸氏の方々が。。

このクルマを越えてやろうじゃないかと。。。

高度成長期真っただ中の日本!

 

ボクたちの人生の先輩達が。。知力、全精力を傾け。。。立ち向かい!挑んだクルマ!。まさに高度成長の象徴!(きっかけ)ともなったであろうクルマだと思う。。。。。

このクルマが存在しなければ後のトヨタ2000GTもコスモスポーツも間違いなく存在しなかったとボクは言い切れる。

全てを網羅しているボクが言うのだっ!間違いない(爆)

 

TOYOTA2000GT開発当時、トヨタは、このS1 FHCを実験用に所有しており、プロジェクトリーダーであった河野二郎氏がスタイリング、性能と共に気にいっていたという文献をボクは拝見したことがある。

 

現在ボクは。。このクルマのクーペタイプ。オープンタイプ2台を共に幸運にも所有している。。。(微笑)グッド

クーペを17年所有し続け、そしてオープンにも巡り合った。

実に運命的なこれも出会いだった。←これも。。いずれだっ(爆)

 

オープンタイプ(ロードスター)はトヨタ2000GTをベースに映画007の為にTOYOTAが二台だけ製作したとされる。通称名ボンドカーに影響を与えたと言い切れる。←あくまでボクの持論だがっ(爆)

論より証拠。下の写真、又ノスヒロイベントにて。。

ぜひ!その目で見て頂けたらと思うのだっ。←何を燃えている?(爆)

 

1960年代初頭のクルマだなんて(驚)びっくり。信じられますか?

凄いでしょ?魅了されてやまないクルマだ。←ちょっとアブナいボク(爆)

 

これらのクルマを山下智久君に見せたら。。

ボクもスポーツカーに憧れています。ボクも絶対手に入れられるよう頑張りますと言っていた。。。(実に頼もしい!男っぽい)頑張れっ!山ピー

 

これが男の生きる道なのだっ!男なら夢をみろっ(爆)←かなり熱い今日のボク。

 

 

 

では、おやすみなさいなり~

 

 

 

 


愛車ジャガーEタイプS1クーペ(撮影 谷井 功)


愛車ジャガーEタイプS1ロードスター(オープン)


映画007ボンドカー(トヨタ2000GTオープンモデル。当時写真)


当時のボンドカー、リアから


愛車ジャガーEタイプS1ロードスター、リアから
どうだっ??
大変美しいフォルムのクルマだ。(ニンマリ)


ご満悦のボク。

Speak

好きなんだなあ。。これがっ!愛車トヨタ2000GT

投稿日:

もう、今更書かなくとも←かなり逃げ腰状態の今日のボク(爆)←眠いっ(爆)

何度もSPEAKには書かせて頂いているし。。

現在発売中のスヒロ2月号Nostalgic Hero)←芸文社発行(2009年2月1日号)
にも詳しくボクの愛車、溺愛状態は載っているので。。←まだ読んでいない方は慌てて本屋さんに行くべし(爆)



イベントでお会いするまでには、読んでおいてくださいなりねっ
でっ!こんな事お願いしてみました~という今日の、とってもおバカな話。←いつも??冷や汗


愛車、トヨタ2000GTの完全仕上げまで心ウキウキながらも
何か?手元に愛車がない事に手持ち無沙汰なボク(爆)←工場に愛車を入れている訳だから。。仕方ないっ

 



ガレリアスカーラの諸井さんに。。
(ボク)諸井さん~ボクの携帯に着けているトヨタ2000GT
のストラップなんですが。。
塗装部分がガンガン物にあたって剥げてしまうんですよ~
~何とかなりませんか?

(諸井さん)。。。。。。。と言いますと?(汗)

(ボク)ボクのクルマの赤色は現車を見ると
このストラップのクルマの色より、もう少しダーク色
ですよね~。。(微笑)

(諸井さん)。。。。。。。。。と言いますと?(汗)←(嫌な予感)

(ボク)高橋さん(舶来屋さんというボクの
クルマを諸井さんと共に仕上げて下さっているクルマ
工場の社長さん)
今、又ボクのクルマのリア部分の補修、
又、これから剥離塗装される訳ですよね~

(諸井さん)。。。。。。(汗)汗

(ボク)ねえええええ諸井さん~(ニタニタと)

(諸井さん)。。。。。。。。。
暫し沈黙。。。。。。。。の時が流れる。

(諸井さん)分かりました!!!板金塗装お願いしましょう!!←ノリのいい方だっ(微笑)

(ボク)やったああああああああ(満面の笑み状態のボク)

という訳で。。。。以前、携帯よりSPEAK(2月9日)初めてボクが送った画像になる訳です。。。見直して見てくださいなり(爆)

 

何故?あんなに楽しそうな無邪気な顔のボクがいたのか?(爆)

諸井さん曰く。。。。。

高橋さんにお願いするのもなんだったんですけどっ(汗)

だって、京本さんっ~!!
クルマのレストアの本職の方に。。。。

こんなミニカーの本格塗装をお願いする人!私、初めてですよっ!(爆)←(しかも携帯電話に着けるストラップ。相当に小さい)

高橋さん。。。。この塗装何回やり直したと思いますっ??(汗)

これが。。。実際!一番時間掛かったらしいですよっ冷や汗


有難うございます~高橋さん!!そして諸井さんっ


こんな、おバカさんにつき合って頂いて。。。。(爆)

 



あっ!!万が一の為にもう一つ!!お願い出来ますか?

(諸井さん)びっくり。。。。。。。。。。。。黙り込む。

 

おやすみなさいなり~~ゲッツ!!ジョギングスタスタスタ。。。。。

 

 


トヨタ2000GT


いい人達だあああああ(微笑)←メッチャ!やはりノウテンキなボク。(爆)
本日のおまけ


昭和の自動車ショーNostalgic 2 Days会場のみで特別に限定販売される限定表紙本(vol132)が製作されるのだが。。表紙にボクが登場編だっ。。ボクのスケジュールの関係でこの月末には出来ていなければいけない表紙なのだが。。かなりタイトなスケジュールになってしまった汗大変申し訳ない。。。(ペコリ)
表紙などの撮影をしているボクの傍らで。。
デザイナーの中根さんが。。せっせとPCでデザインを進めてられていた。本当に撮影スケジュールが遅くなった関係で、印刷等を考えると。。まさに。。。ギリギリ!!!
そんな、中根さんのPCでの表紙デザイン作業のデザイン中図柄を
ボクはパチリとカメラ。。。(爆)ノスヒロ関係者の皆様~ホントありがとでした。(微笑)

そして。。。下が初公開!会場のみで、2月28日、3月1日に限定販売されるNostalgic Hero NO132号!!の完成系なのだっ。(一般書店に並ぶものと中身は一緒)
カメラマンの谷井さん、中根さん。増田編集長始め。。ノスヒロスタッフの皆様。。。有難うございました(微笑)
諸井さんも、高橋さんもホント有難うございましたです(ペコリ)
しかし。。。。本当に貴重だ~!←というより、ボクが単に欲しい(爆)皆様!!ぜひ!ゲットだっ!他のグッズ!ポスターなどもホントにグッドだっ


Speak

後継者たち。。。恥ずかしながら先輩仕事人より愛をこめて!!

投稿日:

久々に必殺仕事人2009を拝見させて頂いた(微笑)

主水さん、八丁堀(藤田まことさん)が本当に回を重ねられるごとにお元気になられているご様子が、本当に心から嬉しい嬉しい
和久井映見ちゃんは、ご存知の通りちりとてちん以来、本当に親しくさせて頂いている。
必殺ではいつもの可憐な映見ちゃんとうはひと味違う

姉御さん的役回りを粋にこなされていると思う。流石だ(微笑)
お二人がいると画面が本当に引き締まる。



主演の東山紀之君(ボクは昔からヒガシと呼んでいる)も回を重ねるごとに貫禄が増しグッド。。
(10年近く前は、よくヒガシや松岡(昌宏君)を連れて(爆)
真田広之先生と食事に飲みに連れ歩いたものだ(微笑))



一度、そう言えばヒガシのマンションに夜中、真田先生と
一緒に押し掛けた事があった(爆)
まだ、TOKIOの山口達也君がヒガシのところに居候していて
ボクと真田先生を連れて戻ったヒガシが。。
おいっ!!山口~高校教師のお二人が来られたんだっ!!
起きろ~っと言って。。山口君を起こし(爆)
爆睡していた山口君が慌ててボク等の前に目をこすりながら
飛び出して来て。。ちょこんと二人の前に正座していた事を思い出す。(爆)本当に可愛い男の子だった。(微笑)
まだ、TOKIO結成の前の話だ。

 

やはり松岡昌宏君も、ボクのやっていた「先生はワガママ」という
ドラマでボクの学校の生徒役。(あっ!彼はその前に京都でボクのやった忠臣蔵に大石主税役で会ったのが最初だった。)←まだホントに子供だった。←実に初々しく可愛かった。
同じTOKIOの長瀬智也君も、「先生はワガママ」の生徒であり、ボクの甥っ子という設定だった。よく楽屋で二人はギターの練習をしていた。(本当に懐かしい)
彼ら二人との出会いも、まだTOKIO結成の前の事だ。



本当に皆、可愛い子供。。。少年だった。(微笑)



大倉忠義くんとは、残念ながらまだ御一緒した事はないのだが。。
彼は、まだ年齢も一番若く、何も色がついていないという点が
ボクは逆に彼の最大の魅力ではないかと思う。
ボク、京本政樹の演じた竜や、秀(三田村邦彦さん)、政(村上弘明さん)など。。まだ当時無名であった役者の
若さ故の。。良い意味の青さや拙さ、純真無垢さが逆に魅力だ。
色々と大変な思い、苦しい事もあるだろう。
この必殺出演をきっかけに、これからの役者としてのチャンス。
これから将来へのステップを自身の力で掴みとって貰いたいものだ。負けるなっ!
必殺を踏み台にして、大きく飛躍して欲しいと切に思う。頑張れっ!

その彼らが。。。まさか(驚)
ボクの演っていた必殺仕事人の後継者。
後輩になる等。。当時は思ってもいなかった。
だが、寧ろボクたちの背中を少しでも見ていてくれたのかと思うと
素直に嬉しいとも思う。(微笑)
あらためて。。皆、本当に大人になったものだ。。。
良い役者になったと思う。

と同時に。。。
時代はどんどん変化しているのだなあと、つくづく感じるのだ。
今の時代は、ボクたちの頃と違い、本当に色んな制約も多く
ドラマひとつ撮影する、演じるといても。。
我々の頃とは又違う大変さがあるのだと思う。
特に必殺と言う作品は殺し屋物語だ。
暗殺集団を演じる訳で。。。

殺し屋とは。。。一歩間違えれば獄門晒し首。
たとえ仲間と言えども、仲間すら信じちゃあ。。いられない。
孤独な、所詮は、一匹狼なのだ。
だが、そんな虚無感、冷酷さや非道さを表現するには、
この時代では制約、社会の規制が激し(厳し)過ぎて。。。
本当に難しいのではないかとも感じるのである。。
彼らや、作り手の皆さんの苦労が手に取るように今のボクには分かる。
ぜひ!ここは、ひとつ踏ん張って、今の時代に合う。。
より良い作品作りに挑戦し続け頑張って欲しいと思う。
そして歴史ある必殺仕事人に、しかと!名を刻んで欲しいと思う。

頑張れっ!!我が後輩たち!!

頑張れっ!!必殺仕事人!

あれから。。

随分と月日が経ったものだなあと感じる今日この頃だった。(苦笑)ボクも少しは偉そうな事を言える年齢になったのだな(爆)

おやすみなり~

 


当時、ボク24歳手垢の付いていない無垢な素人時代(爆)
偉そうな事を少しは言える時が来たとは。。(苦笑)←しみじみ。。。