Speak

ハイヤング京本、、、今さら。。。その2(爆)

当時、「ハイヤング京都」は本当に人気番組であったらしく・・


ボクは、局でキャンペーンの為に訪れる・・当時アイドルバリバリの方々とよく顔を合わせたっ

 


何故、顔を会わせたか?


みのやっち(みのや雅彦君)とは、初めての対面から本当に気があった。

 


彼は北海道から番組収録の為に通っていた。


ボクは、たまたま必殺仕事人撮影の為・・一週間の内、大半を京都のホテル住まいという生活であった為。。。

 


初めてののゲスト出演後、、


又遊びに来るよ~等と、正式なゲストとしてでなくとも・・撮影中・・或いはホテルにいる時。どちらからともなく(爆)

 


どこいるの~?等と、みのやっちから番組収録中、ボクに電話が来たり・・

 


逆に・・


撮影が思わぬ時間に終わったところで、ボクは何気に本番中の「蓑谷雅彦のハイヤング京都」に飛び入り出演したりしていたっ(爆)←もちろんノーギャラであるっ(笑)

 


そんなこんなで年齢も近い互いに歌を作り、シンガーソングライターとしてレコードをリリースしていた者同士。


まあ、気も合うっ!話も良く合ったっ。。


番組には必ず、ジングルと言って・・


トークからCMなどが入る寸前・・「蓑谷←(当時名)みのや~雅彦~のハイヤング~京都~♪♪」などと短い歌等が流れるっ

 


みのやっちはギター片手に弾き語りで、このジングルを自身で歌っていたっ


あまりに遊びに・・気ままにちょくちょくと顔を出し、時に他のアイドル歌手の女の子・・(例えば、現在の薬丸君の奥様、石川秀美ちゃん等を思い出す。)とも、まるで二人がパーソナリティーかのようにトークで絡みながら。。(爆)


ジングルをみのやっちが歌っている最中・・


みのや~雅彦~のハイヤング~京~都~・・←この、京~~と、都の間に・・寸前でボクはアドリブで声を発した。


みのや~雅彦~のハイヤング~♪京~(も~)←ボク。都~♪♪

 

 


お分かりだと思うっ


みのや~雅彦~のハイヤング~京(も)都~♪

 


「みのや雅彦のハイヤング京本~♪♪♪」

 


これは受けたっ

 


当時・・


ボクが飛び入り出演する時だけは・・

 


「みのや雅彦のハイヤング京本~♪♪」と言った・・

 


番組の大事な冠タイトルを変えてしまう無茶苦茶な事を僕らはやって遊んでいたっ(爆)←申し訳ないっ(苦笑)

 


この当時・・


この話・・みのやっちとボクの仲は御互いのファンの方々にも・・あまりに有名な話であった。

 


ボクが必殺の撮影終わりで・・今週も、もしかしたらラジオ局に現れるであろう?と・・出待ちのファンの方がいる程であったっ(爆)


二人は意気投合っ

 

 


と、ある時の事だっ


「今さあ~、あの曲大ヒットしてるよねっ」


「俺たちも曲作って発表するか?」

 


あの曲とは・・


当時・・


ユーミンさん(荒井(現在・松任谷)由実)さんと小田和正さん、財津一夫さんの三人が何と!!ユニットを組まれ・・

 


歌をリリースされ・・。


大ヒットしていたっ

 


1985年当時の事だっ

 

 


今なら考えられない豪華なメンバーのユニットである・・


曲調は・・


当時流行りのテクノサウンド・・

 


タイトルは・・

 


“今だから”・・

 

 


皆、知らないかな?


あまり、この歌の存在を触れる場面に、後年ボクは遭遇した事がないので・・


皆、すっかり忘れてしまったのか?


当時かなりの話題曲。大ブームであった曲だぞっ


ボクはラジオ本番中に、たまたまの流れであったが・・みのやっちに提案をしたっ。

 


よしっ


俺たちも・・


“今だから”に対抗して歌を共同で作ろうっ(爆)


みのやっちは、曲書いてっ


俺は・・詞を書いてくるっ

 


タイトルはっ


(みのやっち)何っ何っ?


(ボク) “今だから”に対抗して・・”今さら”・・だっ(爆)

 


と、アホな約束をしたボクは・・


この何日か後に・・


必殺仕事人映画撮影中に・・


大骨折落下事故を起こす事になるっ・・
(過去SPEAK参照)

 

 


つづく・・

 

 

 

 


おやすみなり~~スタスタスタ。。。ジョギング

 

 

 


(→つづきはこちら)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。