Speak

優美リバイバルの頃!4が、いつの間にやら?。。。音楽語りに?(爆)

優美リバイバルの頃の話をSPEAKしようとしていたボクは・・(爆)


いつの間にやら??(苦笑)


独自の音楽語りになっていた(爆)←脱線は常だっ。気にしないでくれっ(笑)

 



いやいや~~あはっ。。。。脱線ついでだっ(爆)


ボクの姉は二つ上で・・


姉がまだ小学校6年生の頃。ボクは同じ大阪の小学校の四年生だったと思う。←あたり前だっ


実は、ボクの家の隣に、ある大学の助教授の方が住んでいた。


そこの御家族に姉妹がおり、その下の妹さんは・・中学一年生の時、ボクの同級生。

 


つまり、まったくの同じクラス。


話は又脱線しているが(汗)


二階の窓を開けると、その同級生の女の子と鉢合わせに・・顔を合わせる事もあり(爆)。

 


まったく、森田健作さんの当たり役。



おれは男だ!の主人公・小林弘二と早瀬久美さん扮する吉川操とシチュエーションがクリソツだっ←二人はドラマの中でお互いの窓を開けては鉢合わ

せ。
顔を合わせては喧嘩という設定であった。(爆)


ひとつ大きく違うところは、僕ら二人は・・あまり話もした事がなかった。(爆)


話を戻して。。。(苦笑)


あっ!そうだっ!


脱線ついでに・・・


姉の同級生の男の子で、よく友人何人かと連れだって我が家に遊びに来ていた人がいる。もちろん、姉が目的なのだが←姉は、確かにあの頃モテモテであった。

 


ボクは、その内の一人の、姉の同級生だった男の子によく可愛がって貰った。


姉とは関係なく、その男の子の家に遊びに行った事がある。


お家に連れて行って貰ったボクは・・その男の子のお姉さんから、お茶を出して貰った。(微笑)・・

 


そのお姉さんという方が・・

 


KinKi Kidsの堂本光一君のお母さんだっ(爆)←光一君から、家なき子の映画を撮影中に聞いたっ

 


(光一君)あの~僕のお母さんが、家に遊びに来て、お茶を出した事があるって言うとるんです。


(ボク)ひぇ~~


ってな感じの事があった(笑)←世の中狭いっ(爆)

 

 

 


ついでに言うなら・・以前SPEAKで話したが。。。

 


姉は音楽大学出身で、その音大の姉の後輩に・・ボクの小学校3年生から6年生までの、まったくの同級生の女子がいる。


今でも交流があるっ


そのボクの同級生の子供が女優の松下奈緒ちゃんだっ!(爆)


ボクの中学の後輩に槙原敬之君、その親戚はローリー寺西君。

 


すぐ近所に、ロンドンブーツの田村亮君。


ついでに言うなら。。

 


ボクの小学校時代からの親友がいて。。


その友人と中学校で別の学校になったのだが。。←ボクが引っ越しをしたのでっ

 


その親友が中学になった時に作った親友が。。

 


嘉門達夫君だっ(爆)

 


何だか、芸能界・・右も左も親戚や知り合いばかりだっ(爆)


まだまだ。。実はいるっ


何なんだっ???


この環境っ????

 


でっ。。何の話をしていたか?しようとしていたのかも忘れたので。。。寝るっ(爆)すまぬっ


お詫びと言っては何だが。。


ボクが、いかに井上陽水さんの影響を受けて音楽を志していたのか。。。論より証拠だっ

 


今から5年前、ボクの25周年時に久々に音楽活動を復活させた8月のZepp東京での記念の苦悩ライブっ!。。。。

 

 


その締めくくりとして。。


クリスマス時には、12月24日、25日と二日間連続で。。


横浜インターコンチ、東京全日空とホテルをまたぎ。。


久々に大掛かりなディナーショウを行った時の音源があるっ


この選曲セレクトには。。


それまでボクが人前で唄ったことがない。。。。

 


自身が最も、音楽的に影響を受けた井上陽水さんの。。“帰れない二人”から自分の作った。。“身勝手なKiss~最初から泣いていた~”に繋がる構成部分がある。


“帰れない二人”は。。忌野清志郎さんと陽水さんの共作である。

 


“身勝手なKiss~最初から泣いていた~”は、ボクの作詞作曲をした歌だが。。その曲にも井上陽水さんの影響は色濃く出ていると言えるっ。←自分でも正直思うのだっ(爆)

 


と、、、、話を、うまく(笑)音楽に戻して。。。←えっ??

 


優美リバイバルの話は?冷や汗
ほなっ。。。。


後は、、、スタッフA君に任せるっ(ペコリ)A君、後は頼むっ(爆)


おやすみなり~


スタスタスタ。。。。
ジョギング

 

 

 

>>Discography

「帰れない二人」
「身勝手なkiss~最初から泣いていた~」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。