Speak

乱入Speak!優美と書いてエレガンス・優美リバイバルの頃。。(爆)

GW皆さまいかがお過ごしですか?

ボクはといえば、、、

移動、移動の毎日で、、、

ふと携帯に思いついたことを記録していたら、、、

Speakを書いてしまったっ。。。(爆)

 

もう、、、こうなればクセだっ(爆)!!

突然の~愛(Speak)は迷惑(名作?)でしょうか~♪♪♪byあべ静江

 

沢田研二さんと言えば・・ジュリー~~と、樹木希林さんがポスターに向かって叫ぶ姿がテレビドラマで一種のギャグとして、一斉風靡をした昭和の時代があった。


今の若い方にとっては・・


??と言う方もおられるかも知れないが・・


あの時代、今でいうビジュアルの最先端を走っていた方は、まずは何と言ってもジュリーをおいてなかったのだっ。←次ぐらいは。。。ボクだっ(爆)

 


ボクの出世作品となった「里見八犬伝」も。。


前年度の映画、「魔界転生」が大ヒットした事により生まれた企画であった事は間違いないと思う。


ボクは、今となっては・・(苦笑)


最近。。「京本さんの魔界転生、拝見しましたよ~」等と、魔界転生と八犬伝をごちゃ混ぜにされた発言をされる事が多い・・(爆)←勘弁してくれっ

ただ、あの時代において・・今考えてみれば・・


確かに、最初でこそ・・そんな気持ちはなかったとは思うが・・


「魔界転生」と「里見八犬伝」。同じ深作欣二監督が撮られた映画に出演し、その映画が出世作となり・・それがきっかけとなり必殺仕事人として世の中に躍り出る事が出来たボクは・・


やはり、ジュリー(沢田研二さん)を少なからず意識していたと思う。


日比谷野外音楽堂などの大ステージを経たボクは・・


現代劇が中心になって行った時期という事もあったのだが・・


それまでの長髪スタイルから一転。


普通の短髪ヘアースタイルで過ごした時期がある。


もう・・この時代のボクの現代劇でのヒットドラマを語られる事は・・1993年に大ヒットした社会的ムーブメントをも巻き起こしたドラマ。「高校教師」以降・・殆どないっ(苦笑)


以前、スピーク(過去SPEAK参照だっ)でも何度か書かせて頂いたが・・大ヒットドラマに出会う事は、大変、光栄且つ幸せな事であると感じると共に、俳優としては・・かなりの覚悟?というか・・本当に大変な事なのだっ(爆)。


その後の脱皮というものに皆、大変な苦労を強いられるっ


いやいや。。話を戻すが・・


ある日、沢田研二さん関連スタッフの方の御誘いで・・ボクは、東京青山にある、あるクラブでの沢田さんのパーティーに出席させて頂いた。


その時代、世の中においては。。


テクノブーム真っ只中。世の男性たちは、右を見ても左を見ても刈り上げ。所謂テクノカットと呼ばれるヘアースタイルが流行しており。。。


それまで、超ロングヘアーをしていた沢田研二さんも一時は刈り上げにされていたのだが・・


時代を常に先読みされる沢田さんは、さらにその先を読まれていたのか?


刈り上げから・・短めだが、非常にエレガンスなヘアースタイルに。。。


ファッションリーダー、それまでの斬新っ!時に奇抜とも言える?


(失礼ペコリ)形から一変し・・

 


タキシード姿にフラメンコギター等を取り入れた・・エキゾチックス?多分、そんな名前だったと思うが・・皆一様にタキシードにオールバック、少し前髪パラリと言ったヘアースタイルにメイクを施し。。。沢田さんもバンドメンバーも全員である。


ベーシスト、吉田健さんもメンバーの中にいらした。


クラブで、軽く演奏をし唄われ、、、もてなしをされた後・・


ボクの座っている席に挨拶に来て下さった沢田研二さんは・・まさに、ボクにとっても(笑)


ジュリー~と叫びたくなるぐらい大人っぽくエレガンスで・・まるでアルカポネ(爆)。


アルカポネだとか、ボルサリーノ等と言っても若い方にはわからないかも?だがっ(苦笑)。

 


とにかく・・


ボクは・・


あっ!


これだ~


頂きっ~

 


等と興奮し、自分のその後の自身のテーマを見つけ出した思いで興奮した思いをした事を思い出す。

 


丁度、ボク自身の俳優業が時代劇から次第に現代劇に移行していた時期であり・・


それまで、頑なと言うより(汗)


寧ろ・・以前SPEAK(参照)で話したように。。(爆)

 


ボクは無精から髪を伸ばしたままという意味合いの長髪スタイルの方が比重、理由が非常に大きい。


短髪のキープは、かなりマメに切りにいかなくては、キープが難しいではないかっ(爆)。


そんな無精だが、ある意味・・


非常に単純でもあるボクは。。。


すぐ様、髪を切り・・音楽作りの方向性も、それまでの何が何でもロックという志向から一変。


そして・・ファッショナブルスキャンダル、How Much I Love You、恋が逃げて行く。。等の曲は生まれる訳だ。(爆)


この頃、ジゴロだとか(笑)娼婦のように・・等と、ある意味非常に嫌らしく(爆)


大人っぽいフレーズの数々は、こう言った影響から、どんどん発展、発想をした結果でもあり(笑)。。。


いやいや・・またもや、まねぶ精神(過去スピーク参照)は、こう言った・・まだ27歳当時に、ボクを変貌させていた訳であるっ(爆)

 


後に、沢田研二さんにお聞きしたところ、沢田さんは、デヴィッドボウイの影響をかなり受けられたらしい。。


やはり、皆・・この世界。真似る→学ぶ→まねぶ。なのだっ(爆)

 


でっ・・


ボクは、コンサートタイトル。


自作の曲名やアルバムタイトル。全てをセルフプロデュースしているボクは・・


次のconcertツアータイトルを優美と書いてエレガンスと読ませ。←出たっ。。ジャニーさん的発想っ(爆)


優美リバイバルと名付けた。


エレガンスリバイバルでは、


白いコートを羽織り・・まるでアルカポネの如く・・シルクハット姿にスーツ、ネクタイ姿のボクがいたっ・・(笑)

 


アルカポネとは、所謂・・歴史上で有名なマフィアのボスの名前である。映画の題材に当時よくされた有名な人物であるっ

 

 


でっ。。


コンサートの方向性も変貌を遂げたボクは。。


それまで、まったく。。ほぼ自作(全作詞作曲)以外コンサートで
の選曲にはなかったのだがっ

 


ある仕掛けを施す事になるっ。。。

 

 

 


つづく。。。

 

 

 


引き続きGWライブ&ディナーショウをお楽しみください~。

 

 

 


おやすみなり~スタスタスタ。。ジョギング


元RCサクセションの忌野清志郎さん。


また偉大なる方が一人、この世を去られた。


2004年、ボクの「苦悩ライブ」の年のクリスマスディナーショウを覚えてらっしゃるだろうか。


井上陽水さんの「帰れない二人」という、ボクが学生時代多分に影響を受けた曲を歌わせていただいた。。。


実はこの曲は陽水さんと清志郎さんとの共作。


忌野清志郎さんというお名前を、この歌によってボクは知ることができた。


清志郎さんとは、残念ながら直接のお仕事の接点はなかったのだが、、、


実に多彩なロックアーティストであり、偉大なパフォーマーであり、また同時に繊細なる感性をお持ちの方だったと思う。


心よりご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。