Speak

続。演舞場、美男の顔役の頃。。。何とか?虫の恐怖(爆)

ボクは楽屋を急いで飛び出した。汗


楽屋口の前に沢山のファンの方々が、ボクの為に出待ちをしていて下さり。。(ペコリ)


ボクは、ファンの方々からファンレターやプレゼントを頂きつつ。。


丁度、楽屋口の前に着けてくれているマネージャーの運転するクルマへ。

 


ボクは、そのクルマの後部座席に乗り込もうとした。と、その時


ふと着付いたのだ。


・・あれ??


ボクが食事の約束をしていた俳優さんが立ってらっしゃったのだ。

 


つまり、先に食事場所に行って寛いで下さっているはずの俳優さんが・・ファンの方々のすぐ側で。。待っていて下さったようで。。

 


ご自分の出番は先に終わったにも拘わらず。。


ボクを待っていて下さっていたようだ。(驚)

 


何と律儀な方だろうか(恐縮)。。

 


その方に気付いたボクは・・

 

 


ボクが乗り込もうとした、丁度楽屋口からの方向に横付けにしてくれていた後部座席のドア。


つまり、左ハンドルの運転席後ろ側のドアを開け。。。


その俳優さんにボクのクルマに乗って頂いた。


ボクは、グルッと反対側の席に廻り込み。。。


クルマに乗り込もうとした。

 


周りには、大勢のファンの方々が、ボクのクルマを取り囲むようにその様子を見ていた。。。。

 


ボクが、グルッと廻り込み乗り込もうとしたその時である。(汗)

 

 


白いコートを着た、口元にマスクをした女性。


26~7歳ぐらいの方であろうか?


マスクをしていたのでよく分からなかったのだが???


その女性が。。クルマの向こう側に廻り込みドアを開け


入ろうとしているボクの背中を押すかのように。。


何と!!ボクを押して自分もクルマの中に入って来られたのだ。

 

 


うわっ!!

 

 


後部座席に、先に友人の俳優さんが入っている訳だ。

 


ボクと白いコートの女性が。。


ギュギュッと入ってきた訳であり。。


つまり。。後部座席に三人が。。

 


ボクを真ん中にして。。。ギュウギュウ詰め状態になったのだ。


ボクは。。。あれ?誰??この人?ボクの左横にいらっしゃる俳優さんの事務所の方?←(ボクの心の声)

 


とにかく。。後部席に三人。

 


しかも、ボクを押すように。。その女性が入り込んで来たのだ。


一番左にいるボクの先輩の俳優さんは、ドア左の天井部分にある取っ手を掴み。。

 


クルマの左ドアに身体が押し付けられた状態になっていた。

 


ボクは、その俳優さんに。。。「あの~事務所の方ですか?」

 


その俳優さんは。。。。怪訝そうに。。「いいえっ」

 


ボクは、自分の右に座っているマスクをした、その女性に。。

 


「あの~すみませんが。。。どなたですか?」と尋ねた。

 

 


そのマスクの白いコートを着た女性は。。

 

 


マスクを取りながら。。。

 

 

 


「京さま。。私の頭の中の。。何とか?虫。。をどうにかして下さい。」

 

 


そのような言葉を。。。

 

 


異変に気付いた運転席にいたボクのマネージャーが、ホント一瞬の事であったと思うが。。

 


その白いコートの女性をクルマの外に引っ張り出してくれたのだが。。汗

 


うわっ!!

 

 



何とか虫って何?いったい何が起こったの?

 

 

 


てな感じで。。。

 


もう何が何だか分からない状態のボクであった。


フロントガラス正面方向を見たボク。

 


クルマを取り囲むようにボクを見送って下さるファンの方々を


かき分けるように。。


白いコートの女性が走り去って行く後ろ姿が見えた。

 


ボクは。。。


この事件?以来。。。クルマの運転席側に座るようになった。

 


つまり、左ハンドルの場合であろうと右であろうと関係なく。。。

 


左側の後ろ座席に座る習慣が出来たのだ。

 

 


その方が。。。すぐに乗りやすいからである。(爆)

 


しかし????????

 


何だったのだろう?

 


あの、何とか虫の女性は???

 


何とか虫って?

 

 


何?????ひぇーーーーーー(爆)

 

 

 

 


まったく。。。考えてみたらゾッとする。クワバラクワという話である。(汗)

 

 

 

 

 

 


「滝沢演舞城」公演も追加が決まったとの事。


殿(滝沢秀明君)、ジャニーズジュニア始め。。皆、疲れもピークであろう。。


たいぴー!!(藤ヶ谷君)元気か??


北山君も戸塚君も河合君も。。皆々、、最後まで頑張るんだぞっ!

 


いやいや。。。

 


明日からは、いよいよ聖君(KAT-TUNの田中聖君)の「必殺仕事人」も始まる。

 


非常に楽しみだ。(微笑)

 


と、ともに。。。本当に時代(とき)の流れを感じる。。。


ボクが演舞場で「美男の顔役」を演じていた頃。

 


ほぼ???

 


間違いなく。。殿(滝沢秀明君)でさえ生まれたばかり?

 


ジュニアの面々は。。この世に生まれてはいない時代なのだ。


その彼ら達が日々演舞場で。。


又、「必殺仕事人」を継ぎ..頑張っているのだ。


ボクも、そんな彼らを先輩として暖かく見守らせて頂くと同時に。。


まだまだ自分も頑張らねばと。。

 


彼らから逆にパワーを貰っている今日この頃だ。


ボクにおける。。次なるステージを目指して、頑張るのだっ!

 


皆も。。。ガンバよ~!!!!

 


日々考えさせられる事が起こるものだ。


人生は、本当に山あり谷ありだと感じる。


生きて行く道のりには、危険も付きものである。。。

 


大変な事だっていっぱいあるのだ。


悩み、苦しみ、時にハメを外したい時だってあるだろうと思う。。


しかし、真っすぐに生きるという心、気持ちを持っていればいい。


人生には思わぬ出来事もある。当然失敗も付きものだ。。。しかし、絶対に

 


自分に負けてしまっては駄目だ!

 


流されてしまっては駄目だ!

 

 


生きて行く事は本当に難しい。。。


恥ずべきところ、人に迷惑を掛けた部分は反省をし。。


又、前を向き歩いて欲しいと切に願う。。。。

 


頑張っていれば、きっと。。。また良い事はある。。。

 


何があっても真摯な態度で、又前を向き歩いて欲しいと思うのだ。。。

 


自分に負けるなっ!邪念は斬るのだっ!←と、自分にも言い聞かせ冷や汗

 

 

 



とにかく。。結局。。日々コツコツと。。頑張るしかないのだとボクは思う。。←結局、いつもこれがボクの締めの言葉だっ(爆)

 

 


おやすみなり~(爆)

 

 

 


早く続編を書けて。。。ホッとしているボクであった。(苦笑)スタスタスタ。。。。ジョギング

 

 

 

 

 


何とか虫って?何だったのだろう??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。