Speak

翡翠の気持ちの。。番外物語。パート1(爆)

そうかっ。。ジャニファンはA.B.C-ZとKis-My-Ft2をあわせて「えびきす」って呼んでいるのかっ


何だか?何となくカルビーのポテトチップスみたいだが。。了解した。グッド(爆)


本当にここ最近。。ボクの交友関係の都合上の必然的な結果なのだが。。(笑)


このSPEAKを読んで下さる若い方の書き込み等により。。


ボクは。。正直、かなりのジャニーズ通、50歳になっている。


まあ、、いつまでも若い方との交流が出来ると言うのは


大変幸せな事であると、感じ。。嬉しく思っているので。。


本来の京さまと。。


最強?の僭越ながら先輩応援者←の、つもり?(爆)!京パパとしての側面も持ちつつ。。日々、ボクも後輩に負けないよう。。精進しようと思うので。。


よろぴくだっ(by 柳沢慎吾)

 


皆、ありがとうねっ(微笑)又のうんちくお待ちしている(爆)

 

先日の、実は。。。続きだ。。

真夜中、いやっ朝方、ボクの朦朧とする中での大失敗物語。

チョイ短編小説。。。消しちまった事件は。。

本当に記憶に新しいところだと思う←新し過ぎっ汗

 

ボクはこの思い出し思い出しの悲惨な自己格闘戦の最中。

実は。。。二、三の物語を。。

わざと、本当は思い出したにも拘わらず。。わざと!飛ばした事柄がある。



何故か??。。。それは、本当に。。既に長過ぎた長文になっていた事がひとつ。

 

もう一つの理由は。。。。

後で。。使えるSPEAKだと思ったからだ。(爆)

 

いやっ。。。2、3日ネタに困らないで済むと。。ちょっと

ズルイ考えが。。朦朧とする中、頭を霞めたのだ。(爆)すまんっ

だから、既に、読んだ人もいるのだとわかった以上、早めに書いておく。

 

ボクは。。自身の音楽活動と俳優活動に追われる。。

本当に。。楽しいのか?苦しいのか?

幸せなのか?不幸せなのか?

これを求めたのか?求めていないのか?の苦悩、葛藤の中。。

翡翠の気持ちのわかる夜というアルバムを仕上げていた。。。。。と書いた。

レコーディング終わりで、ジャケットの写真をどうするか?

どのようなイメージのジャケットを??

とのコンセプトをボクは求められ。。。

総合的に。。2枚目のアルバム辺りからは。。

デビューアルバムの時とは違い。

自身のアイデアが。。ほぼ、曲作りの方向性、曲順。。。ジャケットデザインのコンセプトに至るまで。。

ほぼ。。任せて頂ける事になって行き。。。

一枚目のラブレーの15分の。。全くの女性の心情を作る。唄うと行ったコンセプトから。。

二枚目のアルバム。。 「Temptation」副題(あざやかな誘惑)

というアルバムでは。。とにかく、ライブやコンサートをガンガンこなして行きたいとの。。自分のこれからの目的や夢に向かい。

夢を馳せて歌を作っていた。「スターダストハイウェイ」 「たったひとつのLove-I Can’t Let You Go」  「Lady」 「冬の迷路」等といった、よりコンサート的に映える音楽をと。。それまで制作側から求められた、女性詩を極力、意識的に排除。。自身のライブパフォーマンスを意識し。。
作詞作曲。。歌作りに没頭して行ったボクがいた。

コンサート活動も精力的に行えるようになっていた。

そして。。三枚目の「翡翠の気持ちがわかる夜」の製作に突入。

とにかく。。アルバム三枚を、ほぼ一年以内でボクは生み出していた訳で。。。今考えても軽く、この時期だけで30曲以上レコーディング。それも、作詞も作曲も自身の手で行っていた訳だから。。

 

日々音楽浸け。。。

しかも。。。側面では、俳優として、それまでは現代アクションドラマ。

この頃には。。必殺仕事人へと俳優としての活動も

現代劇から時代劇へと。。完全に転換して行った時期である。

よって、ロック系の音楽を目指していた京本音楽青年は。。

この時期。。アルバムでは。。ロック系音楽を作っているのに

シングルレコードでは、必殺仕事人で自身が唄う、挿入歌

「哀しみ色の…」という、演歌系の音楽の作詞作曲をしないといけないという。。

 

本当に嬉しくも複雑。

複雑だけれど。。嬉しいといった時期に突入していったのだ。

三枚目のアルバムには。。よって、少し趣向を変え、既にアルバム一曲目に入る事に自分で決めていた 「海岸線ストーリー」という。。歌謡曲テイストのアップテンポ曲の歌のイントロに。。更に工夫を凝らしたアイデアを入れた。

ボクの好きなアーティスト、井上陽水さんの「氷の世界」というアルバムの中に。。このコンセプトに近いアイデアが使われていたのをヒントに。。。
「海岸線ストーリー」という曲のイントロの。。

つまり。。正式なイントロは、実は。。ギターのメロという部分なのだが。。。その前の部分に。。

壮大なオーケストラの弦楽器、ストリングスを。。。

まるで、映画音楽でも始まったかのような感じで静かに始まり。。。急に場面が変わり。。ロック歌謡曲が奏でられるといった仕掛けだ。

そして、そのストリングスのメロディーラインは。。。アルバムの一番最後に。。ポツンと静かに入る、やはり、ボクの作った。「しのび哀」。。という歌のメロディーをそのまま使用。(これは。。 もう完全にコンサートの流れを意識したアルバム作りだった。←この時期、結構ご満悦なボクだった(爆))つまり。。永遠に繰り返しループするアルバムと言う事になる。

静かに終わって、又アンコールを頂いてはロックすると言うコンセプトだった。

ひとりよがりの恋をして、指先をかむようなジェラシーを感じても、心に切ない風が吹いていても。。愛は優しさ。。

物語は、終わりが来て、ため息をついたとしても、又始める事が出来るのだ。繰り返しのリプライズだと言う事。(微笑)

「しのび哀」。。という、タイトルも当然ボクが考えたのだが。。

忍び逢いの。。。逢うという言葉を哀しいというに引っ掛けた。

言わば。。平成とHey! Say! に引っ掛けたジャニーさんの発想と。。。ほぼ。。と、いうより。。。殆ど同じだ。(爆)

ちなみに、「東京恋離夜」という曲の(恋離夜)は、ロンリーナイトをボクが勝手に漢字にイメージし、当て字にした。。。

これも。。。同じ発想だ。

簡単にいうと。。。オヤジギャグ。←当時23歳頃(苦笑)

或いは天才?。。。素晴しい発想だ~と、思うのだが。。(爆)←自分で言うなっ

ボクは、先日の当時の雑誌の記事等読んでも。。自分でも恥ずかしくなる位。。この頃自信に満ちていたのだと思う。

ジャケット写真を撮影し終えて。。そのわずか、2日後に。。高さ7メートルからの転落事故を起こすまでは。。。。。しょんぼり

と言うところで、、もう既に長くなっているので。。

又この続き。。。と言う事で(爆)

ほらっ。。。。これを書いていたら。。(まだあるんだっ)朝の7時半どころか??

昼過ぎか、夕方になっていたところだ。冷や汗

朦朧としたボクの頭をよぎった。。次のSPEAKにとっておこうと思った判断は間違っていなかったと思う。

ボクの為にも。。。皆さんの為にもだっ(爆)←健康第一だ。

 

人生色々だ。。。挫けていても仕方ない。


何事もポジティブにだっ!


苦あれば楽ありなのだっ。前を向いて頑張りましょう!

どうだ!こうやって、早く寝れる時もあるではないか。グッド

あっ!井上真央姫。。マオマオ~!いよいよ明日、大学卒業だね!おめでとう~!祝

おやすみなり~

 

 

 


24歳当時?このキャッチコピーに笑ってしまう。
本当にボクは。。。。何も変わっていない(爆)
言いたいヤツには言わせておけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。