Speak

振り逃げっ(???)新生、ボクの相棒ノア。。。。。。頑張れっ~(微笑)

“ジンにまぎれて”・・・


ボクのファーストアルバム、それとデビューシングルのカップリングとして収録されている歌だっ


あの時代、ボクは音楽の相棒、親友、悪友。←もう本当に長い付き合いだっ。。しみじみ


ノアこと堀口ノア・・現・上杉勝也君と(笑)←今更、君付けは何だか照れるが(爆)

 


ノアとボクの出逢いは・・これ又かなりの劇的なものであった。

 


きっかけは・・

 


当時、つまり。。ボクが銭形平次(師匠である大川橋蔵さん)にレギュラー出演する全然手前の出来事である。。。


当時は、とにかく何度もここでSPEAKをしているように・・ボクは、レコード会社→俳優修行から時代劇修行へと。。??と言った思いながらも日々を過ごし。。

 

修行をこなしながらもシンガーソングライターとしてのデビューは決して諦めてはいなかった。。。


寧ろ、思い込みは日増しに強くなっている頃であった・・

 


根拠や保証、約束等どこにもなかった。

 


がっ。。。

 


掲げる夢だけは。。とにかく大きかったっ(爆)

 

 


しかし。。

 

 


自身の気持ちとは何故?こうも逆へ逆へとチャンスを自ら棒に振ってしまっていたのか???


自分でもさっぱり自分の、あの当時の自分の考えが良くわからんっ??


スカウトして頂いた、大手歌手系の事務所には結局・・所属はせず。。。


せっかく声を掛けて頂いたレコード会社も又々飛び出しっ(汗)←気持ちと全くの逆行動を取っていた10代後半頃のボクっ


流れに任せ。。自分の気のおもむくままに生きていたのは事実である。


とにかく、結果。。俳優修行を。。自分の志しとは裏腹に歩み、日々撮影をする毎日・・・

 


しかし、楽屋ではギター、歌作り三昧の日々。(過去SPEAK参照)

 


そんなある日の事である。。


当時、まだ渋谷のPARCO前には、あの松田優作さんの大ヒットドラマ、「探偵物語」の冒頭のタイトルバックに出てくる壁画。←わかるかな?


当時は、かなりPARCOの壁画と言えば・・


ちょっとした時代のムーブメントであった。


その壁画のところにボクは当時、よく始終出没していたっ

 


話しは少し逸れるが・・←毎度だっ。。流してくれっ(爆)

 


この当時のボクの、その壁画に対する憧れ、思い込み、思い入れが・・

 


あのボクの25周年、二年連続のPARCO壁画プロジェクトに繋がる訳だっ(爆)

 


<2004年 25周年記念 シングル「薄桜記」&写真集「必殺 The bi-kenshi」発売時の壁画>


<2005年 杉本彩ちゃんとのコラボによるシングル2枚同時発売時の壁画>


 

 

要は・・

 


ボクの渋谷公会堂物語とPARCO壁画は・・

 


ボクに取っては繋がった物語。

 

単に思い入れであったっと言う訳だっ←つまり、やってみたかった事を実現しただけっ(爆)←意外に多いボクのこの発想っ(苦笑)

 


又、夢をひとつ叶えた出来事であったと言う話だっ←ノアの話が飛んだように思われるが・・

 


又これが実は繋がってはいるのだっ(爆)

 


あっ!「探偵物語」の有名な主題曲をボクの音楽の師匠とも言える故人・大谷和夫さんが担当されていたのだから、、これもご縁かっ

 

 


でっ・・


すまんっ。。。


眠いから・・


この続きは又、、、何れにするっ(爆)

 


ノア・・すまんっ


明日の上杉勝也コンサート

 


本当に心から嬉しそうに語り、、張り切っているノアが・・


本当に、ボクには微笑ましく・・


心からボクは嬉しいっ

 


本当に純粋に自身の音楽を語るノアを羨ましくも思うっ


ノアの自身の音楽に対する本当に純粋な姿勢。考え方。


心から自分の歌を作るという真摯な姿勢。


歌を唄う。人に伝える・・


そこには何ら、ある意味。。俗っぽい芸能界の。。


時に(あくまで時にだっ)商魂逞しい部分における邪念?や野心?等、何もない本当に。。


商売っ気等、一切存在しない世界。純粋で綺麗な美しい心=音楽。


本当に凄い人だな~と、親友を通り越してボクは実は(照)尊敬をしているのだっ。。


その純な心。。ノアの持つ歌の世界感。。。


そこから湧き出る詞や曲は。。聞く者の心を癒してくれる・・


ボクの作る。。ある意味(爆)売れ線狙いの歌謡曲のそれとは、、ちと違うなっ(苦笑)

 

 


目指す方向も全く違う。。。


ノアの透明な美しい声・・天使のような歌唱、天性の歌唱力。


その歌声は本当に今の時代・・本当に貴重な存在になって来ているのだとボクは。。。心から感じるのだっ。。


時代が。。いずれ、それを必要とする時がきっと来るのだと思う。


癒し系ニューフォークソングミュージック←勝手にボクが名付けた。。すまんっ←流してくれっ

 


純粋な良きフォーク時代の系譜(過去SPEAK参照)の。。継承、行き着いた答えであるのだと思う。

 


まずは、30年振り?(30年前、ボクは目撃したっ(微笑)←あれから30年かっ(驚))コンサートの大成功を祈って。。。


それと、上杉勝也。新生ノアの存在・・これからの益々の飛躍と。。。


又、いつしか。。ボクに力を貸してくれる時のボクの女房役である姿、堀口ノア(こうして考えてみたら、よくぞ、これまでボクと道を共に歩んでくれたものだと、あらためて感謝の気持ちだっ(泣))の復活をボクも心から夢をみて。。。(微笑)←言っておくがノアっ、、ボクは、もう少しお付きあい願うつもりだっ(爆)
←勝手に決めてるオレっ汗

 

 


でっ。。

 


今日はこの辺で。。寝させてもらうっ(爆)←何じゃそれっ


おやすみなり~スタスタスタ。。ジョギング

 


どうして、、ジンにまぎれて、、と言ったかは。。。


又。。。。。いつかだっ??(爆)←すまんっ。又振り逃げだっ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。